99.9%という確率の盲点!? | 篠崎の学習塾

「90%大丈夫です」

「残り1%に賭けてみたいと思います」

ありふれた日常の中でもこういった会話はよく交わされますね。

「99%問題ありません」なんて言われると、

もう全くもって問題ないようにも思えます。

せっかくなので今日はさらにその上を行く「99.9%」について考えてみたいと思います。

 

ここに2機の飛行機があります。

■A飛行機は99.9%落ちない飛行機

■B飛行機は1999回に1回落ちる飛行機 です。

0e2147fad27eac1bb08eda764040750c

さて、あなたはどちらに乗りたいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはBを選ぶべきでしょう。

A飛行機は「99.9%」という数字と「落ちない」という表現も手伝って

間違いなく安全な印象があるのに対し、

B飛行機は「落ちる」という表現で終わっているので、一見不安な印象が残ります。

でも実際、A飛行機は「99.9%落ちない」=1000回に1回は落ちるということなのです。

つまりB飛行機の方が倍近く安全なんですね。

 

【今日の一言】

ところで「降水確率50%」って言われたら・・・

傘はどうしたらいいんでしょうね。。。^^;

PAGETOP