4と7の読み方 | 江戸川区篠崎の学習塾

4は「し」、「よん」どっち? 7は「なな」、「しち」どっち?

漢字では、同じ文字でも音読みか訓読みかで読み方が違います。

まあ、これに関しては特に説明しなくても、

「そりゃそうだ」とご納得いただけるでしょう。

ところが、数字になるとどうでしょう。

例えば4。

これは「よん」と読みますか?「し」と読みますか?

同じく7もどうでしょう。

「なな」と読みますか?「しち」と読みますか?

どういう時に区別しますか?

私の知人が面白い法則を見つけてくれたので紹介します。

 

 

 

 

 

数字はですね、下から数えていくと

1、2、3、4(し)、5、6、7(しち)、8、9、10・・・となるんです。

で、逆に、上から数えていくと、

10、9、8、7(なな)、6、5、4(よん)、3、2、1・・・ってなるんです。

 

 

 

 

 

 

 

へーーー!!なるほど!!

 

【今日の一言】

授業を始める前や

お子さんとのナニゲない会話の時に、

是非話してみてください。

結構ウケます。

PAGETOP